国際結婚にはこのように喜びと苦労があります

古代から異なる国の人と結婚することは世界中で一般的に行われてきました。


グローバル化が進む今日では国際結婚はますます一般的なものになっています。

それは四方を海に囲まれた島国の日本でも例外ではなく、アジア各国や欧米各国をはじめ、様々な国の出身の人と国際結婚をする日本人は大勢います。とはいえ、国際結婚には常に様々な苦労がつきまといます。


会話一つとっても、どちらかが相手の母国語に合わせるかお互いが共通に使える言語で話すしかありません。

当然ながら、何かを伝えるのも、相手が何を話しているか理解するのも容易でないことがありえます。
その言語的な苦労を越えて、親密な関係になっても、今度はお互いの国の社会環境、歴史、生活環境、宗教などを詳しく知る必要が出てきます。そうしなければ、後々お互いの国を訪れる際に思わぬ問題が起きる可能性が出てくるでしょう。

また、そもそも、結婚の前にお互いの家族に挨拶をする際にも、双方の国の生活的な背景を知っておかなければ、思わぬ無礼をはたらいてしまうかもしれませんし、相手の反応に戸惑うことも出てくるかもしれません。

しかし、その苦労を二人の愛情で乗り越えた際には国際結婚がもたらしてくれる様々な喜びに包まれることでしょう。


同じ国の人との結婚でも生活の背景が異なれば全く違う人間性となり、私たちはそれに新鮮な驚きや学びを得るものですが、国際結婚におけるそれはさらに大きなものとなるはずです。

各国の教育や歴史背景、社会体制などは個々人の思考に大きく影響を与えるものですから、日常のささいな出来事に対する考え方一つとっても、しばしばだいぶ異なる見解を聞くことができます。

そうしたことの積み重ねは双方の人間性を深めることにつながりますし、全く異なる生活の背景を持つ者同士が一緒に暮らすことは互いの寛容さを深めることにもなります。
また、そのような二人の間に生まれる子どももまた、両親の持つ深みと愛情のもとで育つことで様々な視点を持つ大人に成長する機会を得ることになります。
国際結婚にはこのように喜びと苦労がありますが、一番大切なのは国籍が何かではなく、愛情です。

それさえあれば、様々な苦労を乗り越え、家族を形成する喜びが訪れることでしょう。

私達は結婚するとは言っても、婚姻するとはあまり言いません。

一般的には、結婚とは経済的協力関係と継続的な性的関係が男女の間にあって、それが社会的に認められたものをいいます。日常的な表現を使えば、夫婦としての生活を営むことです。

このような関係を法律用語では婚姻といいます。


この二つの言葉の区別はあまり意識されずに使われることが多いですが、実は決定的な違いがあります。
それは、結婚は時代や国に関わらず存在する普遍的なものですが、婚姻は現代の日本の法制度として確立されたものだというところです。

これは意味の違う二つの言葉があるということだけではなくて、男女の結び付きを結婚という意味で捉えるのか、婚姻という意味で捉えるのかによって、一人ひとりの持つ結婚観や人生観にも大きく反映されていくものです。


また婚姻と似ていますが、これとは区別される男女関があります。


まず内縁があります。これは、婚姻届を提出していないだけで、その他の点ではまったく夫婦として生活をしているので、一定の範囲で法律上の保護を受けられます。


この関係は、婚姻と同様に扱うものという意味で、準婚もしくは事実婚と呼ばれたりもします。
また同棲があります。
これは、男女がただ単に一緒に暮らす関係であり、法律上特別の保護を受けるものではありません。

婚姻の始まりに結婚式を挙げることは多いです。

結婚式は現在でもおごそかなセレモニーです。そのハイライトは、神や仏などに約束する結婚の誓いの言葉であります。
男女がこの誓いをすることで、婚姻は成立するかというとそうではありません。
誓いの言葉だけでは、婚姻の効力が発生せず、法律上ではあまり意味のないことになります。
憲法によると、婚姻は両性の合意のみに基づいて成立とあります。
しかし民法によると、婚姻は戸籍法の定めるところによりこれを届け出ることによって、その効力を生ずることになっています。


婚姻が成立するには、結婚したいという意思を互いに持ち、その意思を表示して合致させることが必要です。

















関連リンク

結婚は女性にとって憧れのこと

私は去年結婚をした20代女性です。まだまだ仕事を続けたかったのですが、プロポーズをうけ、とても迷った結果県外に嫁ぐ為に仕事を辞めました。...

more

国際結婚とは国籍が異なるもの同士が結婚

国際結婚とは、国籍が異なるもの同士が結婚をすることを言います。婚姻に関しては国によって法律の内容が異なります。...

more