ウェディングとは結婚婚儀のこと

ウェディングというものは、要するに結婚、婚儀のことです。

日本語に直すとそうなります。最近は、教会式が多いようですが、神前式で式を挙げる人も多いです。


教会式の場合は、ウェディングドレスを着ることになりますが、神前式の場合は白無垢を着ることになります。


女性の憧れと言えば、やはりウェディングドレスですが、最近は両方着ることも多いです。要するに化粧直しで両方着てしまうのです。


衣装のレンタル代なんて大した金額ではありませんから、それで新婦が満足するならそれが一番です。
言うまでもありませんが、結婚式と言うのはそれなりにお金の掛かるものです。

そもそも冠婚葬祭と言うのはお金の掛かるものなのです。ですから、事前にしっかりとお金を貯めておくことが必要です。
葬式と違って、結婚式の場合は食事があるとは言え、それなりの金額を包んでもらえますから、それを期待することができます。
もちろん、過剰な期待はできませんが、黒字とはいかなくてもトントンにすることくらいはできます。

ちなみに、ウエディングと言えば、前述の通り、教会式か神前式が基本です。


しかし、一昔前はウェディングと言えば、人前式だったのです。

これは日本古来ならの婚儀のやり方であり、新婦なり新郎なりの家で行うものです。


基本的に嫁を貰う方、婿を貰う方で行うことになります。

化粧直しや三々九度、高砂などの儀式は基本的にこの人前式の儀式です。
雑学として覚えておくと何かと役に立ちますので、覚えておくことです。


誰もが結婚するのが普通であって、できないのは恥ずかしいような風潮は、すでに昔のことであり、今はさまざまな生活スタイルがあり、結婚にとらわれない生き方がたくさんあります。


それは、独り身の場合だけではなく、結婚してもおかしくないような男女のカップルでさえ、一緒に生活してはいるものの、結婚という形をとっていない人たちもおられます。


しかし、社会的に夫婦としてきちんと認められる婚姻状態を結婚というものです。
どんなに自由なスタイルで心地よい形であったとしても、社会で認められるかどうか、ということも、実はやはり重要なことであったりします。特に子供の問題がからんだ場合は、当事者の男女は自由だったり、結婚していてもしてなくても関係ないような生活を送っていたとしても、籍がきちんと入っているほうがわかりやすいと言えるでしょう。

また、長い人生をひとりで気楽に過ごしていくことも楽しいかもしれませんが、いつまでも良いことづくしではないのが人生です。

長ければ長いほど、病いに倒れることもあれば、仕事を失うこともあるでしょう。
そんなときに横で見守り、支え、共に歩いてくれるひとがいるのといないのとでは、心のありかたが違うのではないでしょうか。しかしながら、どんなに結婚したいと思っても、学生時代を通り過ぎると、なかなか思うような出会いがないひともおられます。

そんなときは、結婚で検索してみてもいいかもしれません。


相手を紹介してくれる会社もたくさんでてきます。

きちんと独身であることの身分証明をとってしか登録できず、まじめに結婚についてとらえているひとが登録しているところなので、最初のスタートがまず楽です。人によっては、恋愛もできずにそういう会社に登録するのは格好悪いと思うかもしれませんが、そういう会社で出会っても、一生の伴侶に出会える可能性がひろがるのであれば、それは自分にとってとても素晴らしいことではないでしょうか。
自分の人生を幸せにするために、さらに人生を豊かにするために、方法はどうあれ、真剣に出会いをもとめてみるのもよいのではないでしょうか。

















関連リンク

結婚は女性にとって憧れのこと

私は去年結婚をした20代女性です。まだまだ仕事を続けたかったのですが、プロポーズをうけ、とても迷った結果県外に嫁ぐ為に仕事を辞めました。...

more

国際結婚とは国籍が異なるもの同士が結婚

国際結婚とは、国籍が異なるもの同士が結婚をすることを言います。婚姻に関しては国によって法律の内容が異なります。...

more