人生の一大イベントの1つが結婚式です

人生の一大イベントの1つが結婚式です。結婚式を行うためには莫大な費用がかかりますが、自分たちの希望をかなえたい部分と費用面で圧縮したい部分と葛藤している人も多いです。そんな結婚式の費用でできるだけ自分たちで行うことで費用を少なくする工夫ができます。
1つ目が、招待状です。最近はインターネットとプリンターの普及で簡単に高品質な印刷物を作ることができるようになりました。
例えば、結婚式でゲストを招待するために使う招待状は、インターネット上に多くのテンプレートが出回っています。
このテンプレートを利用すれば簡単に招待状を作ることができます。
また、インターネット通信販売で、招待状のキットも販売されています。

さらにこういったキットやインターネットのテンプレートには、席次表や席札といったものも一緒になっている場合が多いです。
したがって、自分たちでこう言ったキットを利用して作ると式場に頼むよりも半額ぐらいでできる場合もあります。

2つ目は、ビデオ演出です。生い立ちDVDなどは、結婚式で最も多く利用される演出ですが、式場に頼むとそれなりに金額がかかります。


そこでパソコンとデジカメを利用すれば簡単にビデオを作ることも可能なので少しパソコンの知識のある人は自作する方がお得になります。

このように自分たちで作ることのできる部分は自分たちで作ると費用面でもお得になり、さらに手作り感のある式になります。


費用で悩んでいる人は自作の方法を考えてみるとよいです。


結婚式で使ったウェディングブーケは記念に長く残しておきたいものです。
意外とそのブーケを見るだけで、楽しかった結婚式の思い出を簡単に思い出す事が出来るので写真を撮る他にウェディングブーケの保存方法を紹介します。
まずは、3Dで保存できるプリザーブドフラワーがお勧めです。

ウェディングブーケをプリザーブドフラワーにしてもらい、3Dの丈夫なケースに入れてもらいます。そうすると小さなウェディングブーケとして残す事が出来ます。次に同じようなプリザーブドフラワーにしてもらい、ガラスケースに入れる方法です。こちらはブーケのようにはなりませんが、お花の数を多く保存する事が出来ます。雰囲気を豪華に残す時にはこの方法が良いと思います。


その次は、押し花方法です。

立体的にはならないので、狭いスペースに重宝しますし、ウェディングブーケの形は残るので雰囲気も良く出ます。

写真と一緒に一枚の色紙に残すとより一層雰囲気が出ます。結婚式後の本物のウェディングブーケも、多少もしくは全部自宅に持ち帰れるので、長持ちさせる保存方法を紹介します。
ウェディングブーケには、もともと丈夫な花を使用して居るので茎が太いです。
一日披露宴で使われたお花達は殆ど傷んでいないので、たっぷりのお水に付け茎を斜めに切ります。

すると、水分を吸収する面が増えるのでお花は長持ちします。
市販している保存剤をお水に混ぜても、さらに長持ちするので使用すると良いです。

大切な思い出のお花は長く楽しみたいものです。

javaの通信講座情報を調べるならこのサイトです。

大宮自動車教習所の情報をご案内しているサイトです。

VBの研修について補足説明いたします。

秋田で合宿免許情報は信頼性が高く、好評です。

掛川自動車学校の情報をご提供しています。

https://4meee.com/articles/view/126351

https://works.medical.nikkeibp.co.jp/facilities/102539/

http://smany.jp/10481

関連リンク

結婚は女性にとって憧れのこと

私は去年結婚をした20代女性です。まだまだ仕事を続けたかったのですが、プロポーズをうけ、とても迷った結果県外に嫁ぐ為に仕事を辞めました。...

more

国際結婚とは国籍が異なるもの同士が結婚

国際結婚とは、国籍が異なるもの同士が結婚をすることを言います。婚姻に関しては国によって法律の内容が異なります。...

more